NIKIBITIMES

にきび痕を薄くする方法

巻き爪の矯正について

   

巻き爪の矯正には様々な方法がありますが、爪の両端に穴を空け、ワイヤーを通して引っ張り合うことで爪を外側へ反らせ矯正するワイヤー法がよく知られています。
自宅で簡単にできる巻き爪の矯正方法としては市販の矯正キットを使ったり、テーピングを爪と指の間に入れて痛みを和らげる方法、小さなコットンを挟んで巻き爪がひどくなるのを防いだりする方法があります。
矯正するには自宅で簡単にするのであれば矯正キットを使って行うのがいいのですが、軽度あるいは軽めの中度までしか矯正はできません。
渦を巻くような巻き爪は自宅用矯正キットでは修復できない場合がありますので、その場合は素直に病院へ行きましょう。
軽度であれば薬や部分切除、中度ならワイヤーやプレートで巻き爪の矯正をしていきます。

矯正で知っておきたい事

巻き爪の矯正で知っておきたいことは、自分で矯正できないと分かったらすぐに病院へ行くことです。
専門は皮膚科になりますが、多くの方は矯正ではなく手術と思って中々病院へ行きたがりません。
ですが現在は医学も進歩し、巻き爪の矯正を時間をかけてでも行っていこうという病院が増えています。
巻き爪の専門知識の高い病院は全国各地にありますので、もし不安がある方は口コミサイトや病院のホームページで巻き爪の知識がどれだけある医師かチェックしてみるといいでしょう。
矯正で知っておきたいこと、それは巻き爪の治療方法も矯正方法も新開しているということです。
痛みを和らげ、日常生活に一刻も早く戻れるよう治療を進めていくことが巻き爪の苦しさから解放される手立てと言えるでしょう。

巻き爪の矯正!自分で治す処置の方法

 - 未分類