NIKIBITIMES

にきび痕を薄くする方法

いくらニキビが治っても、ニキビ跡が残っていたらまだまだお肌の悩みは続きますよね。
ニキビ跡には、赤味や色素沈着、クレーターないろいろな種類がありますが、どれも目立つ厄介者です。
ニキビ跡の種類によっては、自然に消えたりケアをすることで改善できますが、いずれにしても時間がかかります。
そんな面倒なニキビ跡ですが、日常生活の中のちょっとした工夫で薄くすることができるので、すぐに実践してみましょう。

まず最初に実践したいのが、体を温めるということです。
体を温めることとニキビ跡、一見何の関係もないように思えるかもしれませんが、体が温まると血行が促進されます。
全身の血行が良くなれば、顔の血行も良くなるので、炎症のダメージでうっ血していた赤味も消えていきます。
さらに肌細胞にたくさんの栄養が行き渡りますから、ターンオーバーも活性化します。
ターンオーバーが活性されることで肌細胞が生成されれば、メラニン色素も排出できて色素沈着が薄くなります。
クレーターも軽度のものなら、コラーゲンの生成によって凹みが改善されますから、体を温めることはニキビ跡を薄くするのにとても高い効果があるのですね。
体を温めるには、エスカレーターなどを使わないで階段を使う、シャワーではなく湯船につかる、歩けるところは歩くなどちょっとしたことで実践できるので、すぐに始めてみてください。

ニキビ跡に効果が期待

次に気をつけたいのが食事です。
ターンオーバーを促進することがニキビ跡を薄くするのに効果的なのに、食事がいい加減だと効果が半減してしまいます。
ジャンクフードや加工食品は栄養が少ないのに糖分や脂肪分が多いため、新陳代謝を低下させます。
また、分解するのに負担が大きいので、内臓器官を疲弊させてしまい肌細胞の生成を滞らせます。
それに糖分や脂肪分は皮脂の過剰分泌を促すため、毛穴の詰まりを引き起こしてニキビを再発させるリスクも高くなります。
このように、食事はニキビ跡にもニキビにも大きく関係しているので、野菜中心で栄養バランスが整った食事を心がけましょう。
ちなみに、しょうがやにんにく、ネギなど薬味系の食材は体を温める効果があるので、工夫して取り入れるとさらにニキビ跡に効果が期待できます。

ニキビ跡が出来立ての時には、スキンケアだけに重点を置いていたので、なかなか状態がよくなりませんでした。
ですが、体を温めたり、食事内容に気を使うようになったら、ニキビ跡がどんどん薄くなっていったので効果はあると思います。
すぐに効果が実感できるわけじゃありませんが、やってみて損はないので是非実践してみてください。